赤ちゃんの名づけについて

日記
スポンサーリンク

待ちに待った赤ちゃんが産まれて親になった最初の仕事が「名前を付ける」ことです。

妊娠中から決めておく方も多いですが、赤ちゃんが生まれて顔を見てインスピレーションを得てからから決めるという親御さんも多くいらっしゃいます。
お気に入りの名前でもその子の雰囲気に合っていない場合もあるので、産後に改めてよく考えるというのはとっても大事な事でしょう。
また、画数を気にされる方は多いですがそれだけで大丈夫なのでしょうか?
名づけで後悔しないために気をつける注意点をまとめました!
★周りの人の印象を確認しておく!
赤ちゃんが生まれるという嬉しさによって名づけに対して親たちを冷静にさせてくれないこともあります。
夫婦二人だけではアイデアも限られてきますし、遠い親戚に同じ名前を使われていたなんてこともあるかもしれません。
できれば夫側と妻側の親たちに意見をもらっておくといいでしょう。
「○○という名前を付けようと思っているのだけど」…と伝えた時のリアクションを注意深く観察して下さい、それは今後も周囲の人から受けるであろう反応でしょう。
親であればお世辞ではなく正直な意見も聞けるでしょう、また赤ちゃんのためを思うなら一度相談しておく方が後々後悔しないで済むでしょう。
おじいちゃんおばあちゃんにとっても孫の名前はずっと呼び続ける大切なもので、愛着が沸かずになかなか名前を呼んでくれないということもあるそうなので、それでは赤ちゃんがかわいそうですね。
今後何十年も付き合っていくおじいちゃんおばあちゃんとの関係を良好に保ち、心から可愛がってもらうためにも機会があれば相談してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


★フルネームを検索してみる
苗字とセットで検索してみてください。自分は知らなくても同じ名前の方の存在を知ることになるかもしれません。
尊敬できるようなすばらしい肩書きの方なら同姓同名でもありがたいくらいですが、それであっても勘違いされて面倒な思いをすることも今後出てくるかもしれません。
まれに、犯罪を犯した人と同姓同名であった場合、いつか本人が知った時にいじめのような嫌な思いをする可能性があります。一度パソコンやスマホでチェックし、確認してから決定しましょう。
★名前を呼びやすいか
名前を相手に伝える時、電話や口頭で伝える場面は多いと思います。
うまく伝えられないような漢字や聞き取りにくい響きの名前は伝えるのにも苦労しますし、その苦労はいずれ本人が背負っていくものですので注意しましょう。
聞きやすい書きやすい名前であっても、良く似た漢字や響きの名前の方が知名度が高い場合は間違えて伝わりがちです。
使いやすい名前を選んであげるというのは親からの優しさとも言えるのではないでしょうか。
★何十年経ってもおかしくない名前かどうか
最近は珍しい名前こそ珍しくなく、昔ながらの親世代によく見かけたような名前の方が変わった名前のように受け取られることもあります。
幼稚園や小学校の名簿でも名前にふりがながふってあるのはもはや当たり前の時代です。
そのため、懲りすぎ?と不安に思っても意外とよくある名前だったということもあり、オリジナリティ溢れる名前を狙っているなら知っておく必要があります。
多くの人が「珍しい名前はかわいそう」という声もよく耳にしますが、それは主観の問題もあり難しいところです。
わからなくなってきたら、将来大人になって使っていても不自然でなさそうな名前なのかを考えてみるとわかりやすいかもしれません。
赤ちゃんのうちはぴったりだと感じても、おじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんになっても不自然ではないかということです。
子供はいつまでも子供でいるわけではありません。大人である時間の方がはるかに長いのですから、大人として自然な名前の方が生活に支障がないと言えるでしょう。
どうでしたか?以上のような事をふまえてお子様のお名前を考えてみて下さい。
スポンサーリンク

ページの先頭へ