育児ストレス

日記
スポンサーリンク

赤ちゃんには大きくなるためにたくさんおっぱいを飲んで欲しい、寝返りやつかまり立ちを早く覚えて欲しいと思っていたはずなのに、それがママにとってストレスとなる時があります。

しかし、子供の成長を素直に喜べないからと言って悩む必要はありません。

今から紹介することを頭の片隅に置いてください。

<おっぱいを飲みすぎる>

母乳育児にこだわるならおっぱいは飲みすぎるほど飲んで欲しいはずです、赤ちゃんは日に日に飲むのが上手になり、飲む力も強くなっていきます。

しかし、赤ちゃんが苦しそうに飲んでいたり、飲んだ後に吐いてしまうことが多ければママは申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

このような時にまず忘れないでほしいのは、赤ちゃんが戻すほど母乳がしっかり出ているということへの自信です。

ミルクと併用しているママにとっては、出すぎるほどよく出るおっぱいは嫉ましいほど良い事でしょう。

上手にコントロールして赤ちゃんにたくさん飲んでもらうよう心がけましょう。

例えば、飲ませる前に少し絞って捨ててから飲ませる、ある程度の時間飲んだら咥えるのをやめさせてみるなどです。

絞る際にはあまり絞りすぎると余計に張ってしまうこともあるので注意して下さい。

また、咥えるのをやめさせる時は、赤ちゃんの様子をよく見てあげる必要があります。

何となくだらだら飲んでいる場合もあるので、もっと飲みたいと泣くようならまだ飲ませてあげましょう。

飲んだ後にゲップをしっかり出してあげないと吐くこともよくあります。

叩いて出ない時はさすると出る場合もありますので、我が子のゲップスタイルを早めに見つけて下さい。

スポンサーリンク


☆授乳中に歯が当たって痛い

前歯が生えてくると、おっぱいを飲ませる時に乳首を噛まれることが多くあります。

かなりの痛みのため授乳そのものが苦痛になるママもたくさんいます、ただ、歯だけが原因ではない場合もあるのです。

例えば乳首が咥えにくい形の場合や、乳首をしっかり咥えることができていない場合です。

ただでさえ痛いというのに赤ちゃんは乳首を探してますます口を動かします。

授乳の前にマッサージを丁寧にして乳首をしっかり出し、奥まで確実に咥えさせてあげましょう。

どうしても痛いなら長時間の授乳はやめましょう。卒乳しても問題ない時期に来ているなら無理

に授乳を続ける必要はないと考え、卒乳のきっかけとするのもひとつの方法です。

☆寝返りやつかまり立ちから目が離せない

寝返りができるようになると、自分が寝ているうちにひっくり返って元に戻れなくなるのではと心配になります。

実際にそういうことも起こりうるので当然心配する必要はあるのですが、もう一度寝返りすることで戻れる時期に来ているなら心配しすぎかもしれません。

ずっと見張っているわけにはいかないので、寝返り防止クッション等を使うとよいでしょう。

つかまり立ちが始まってすぐの頃は、後ろに倒れて後頭部を打ったりすることがあります。

自分が見ていられない時はつかまれるものをそばに置かないようにし、やわらかいマットレスを

敷いてあげるなどの部屋の工夫が必要となります。

転びにくいように部屋をすっきり片付け、靴下は履かせないようにするのも大切です。

後ろにまくらやクッションを置いてガードするのも頭への衝撃を和らげるために効果的です。

☆ウンチが臭くてオムツ替えが苦痛になる

離乳食が始まってくると当然ウンチの様子も変わります。

においもきつくなり、特に夏場はオムツ買えが嫌になることもあるでしょう。

しかし、その時期のウンチはトイレに捨てやすくて実はオムツ替えがとっても楽なんですよ。

逆に手早く世話ができるようになったと、喜んであげてください。

ストレスと捉えるか成長と喜ぶかで苦痛が苦痛ではなくなります。

自分を楽にしてあげるために試してみてください。

スポンサーリンク

ページの先頭へ